• 美人半兵衛---竹中重治

    2006年11月04日

    版权声明:转载时请以超链接形式标明文章原始出处和作者信息及本声明
    http://www.blogbus.com/eclosion-logs/3761573.html

    今天在回顾宫下英树先生的《战国》时,突然发现,无论什么作品,半兵卫总是竭力刻画的美型呢。

    首先看《戰國》裏的半兵衛好了。《戰國》中的半兵衛可能更功利一點。不過有可能這樣的半兵衛才是真實的半兵衛。

    出場:門縫裏看人的陰暗男人到長身玉立的美少年?

    ScreenHunter_001.jpg

    ScreenHunter_002.jpg

    23嵗就隱居近江草庵的半兵衛 

    ScreenHunter_003.jpg

    看到他後面老氣橫秋的感嘆17嵗的秀久的天真時,微微感到有點難過。

    協力:木下面臨着最強軍團柴田部曲的挑戰,愁的不知如何是好。可是體貼的他(問號)不忍心強迫半兵衛做違心的事。可是權三郎的熱血終于讓半兵衛決定覆面充當木下軍的軍師。

    ScreenHunter_004.jpg

    入仕:正是成爲信長的家臣。

    ScreenHunter_001-1.jpg

    請放大看,這張半兵衛暴像無雙裏的仲達。

    其他半兵衛形象:

    228263.jpg

    太閣3

    taigo4.jpg

    太閣4

    1125503428.jpg

    太阁5家老装

    3876126032.gif

    革新

    2115121517-315702011724441.jpg

    大河劇:功名十字路;筒井役

    http://kotatujo.cool.ne.jp/hyo/itiran/itiran/takenaka.htm

    竹中重治Takenaka Shigeharu (又名重虎、竹中半兵衛Takenaka Hanbei) (1544–1579)

     

    (1544~1579)

    天文13年(1544)、美濃不破郡の菩提城に、竹中遠江守重元の長男として誕生。半兵衛と名乗った。

    父は斎藤道三に仕えたが、重治は、永禄4年(1561)、斎藤竜興のもとで菩提城の城主となり一万石を領した。

    しかし竜興と不仲となり、弟の重矩や安藤守就ら、わずかな兵で稲場山城を攻め落した。

    竜興と敵対していた信長は、これを聞いて、重治に城を引き渡すよう申し入れたが、重治は聞き入れず、調停を入れて城を竜興に返還した。主君の暴挙を戒めるため、とも言われている。永禄5年(1562)から7年(1564)ごろにかけての事件と見られる。

    永禄10年(1567)、秀吉が重治をたずね、信長への仕官を要請したため、織田家の配下に属し、秀吉の軍師となった。

    重治は文武両道に優れ、その後の秀吉の戦略はすべて重治の策による、とまで言われている。また兵法家として、黒田如水(孝高)とも並び賞されるが、表には出ず、留守居をつとめる場面が多かった。

    秀吉の中国征伐には同行し、播磨上月城の赤松氏を攻め、三木城の兵糧攻めの進言もしたが、天正7年(1579)、その陣中で倒れて三木城にもどり、同年6月13日病没。36歳。

    一説に、重治には大望がありその心が言動に現れたため、秀吉もすべて心を許さず、常に手許に置き軍師としながら一国を与えなかった。これを知った半兵衛は、三木城落城ののちは高野山に入る心づもりであった、などと言われている。

    しかしこの話は黒田如水に関しても、才能を妬まれ野望を疑われた、などの似た話があり、天下人にまでなった秀吉に対する、妬みの裏返しであるようにも思える。

    重治は秀吉に「信長公は英智大才はあるが、温順でなく気風に偏りがある」と遺言を残し、秀吉は半兵衛の死を惜しんで泣いたとも言われる。とにもかくにも、半兵衛が軍師としてよほど才に優れた武将であった事は確かだろう。

    http://www.geocities.jp/yuutarou19800126/retu-sigeharu

    主君への諫言として、僅か16人で堅城・稲葉山を奪取した「今孔明」
    秀吉の懐刀として近江・中国を駆け巡り、戦場で最期を迎えた。

    天文13年(1544)、竹中重元の子として生誕。生誕地は美濃の可能性が高いが、詳細は不明。諱は他に重虎。通称半兵衛。安藤守就の娘婿。美濃菩提山城主。

     初め斎藤龍興の被官だったが、再三に及ぶ諫言を無視する龍興に対してクーデターを敢行。永禄7年(1564)舅・安藤守就や弟・重矩と共謀して、稲葉山城の変を起こす。重治は城勤めの重矩の見舞いとの名目で15人の供とともに登城、龍興の寵臣・斎藤飛騨守など数人を斬り殺し、合図すると待機していた安藤守就と重矩の兵が乱入し、長持の中に隠した武器を使って電光石火の如く城を占領した。このクーデターは龍興や斎藤飛騨守らに侮辱された意趣返しとも言われている。

     その後織田信長から城の譲渡についての交渉を受けるが「城を奪ったのは主君を諌めんがため」とこれを拒否。稲葉山城を龍興に返却し、自らは浅井長政の客将となった。永禄10年(1567)8月に信長が稲葉山城を陥落させて斎藤家を滅亡に追い込むと、羽柴秀吉の誘いにより織田家の家臣となった。伝承では、この折に秀吉が「三顧の礼」をもって迎える名場面が語り継がれている。

     近江での人脈を利用し、近江国人の切り崩しに実績を上げて元亀2年(1570)6月の姉川合戦にも参陣。この頃から秀吉の参謀として辣腕を振るうようになる。秀吉が長浜に所領を得ると、重治は「君が代も わが世も共に 長濱の 真砂のか須(ず)の つき屋(や)らぬまで」という歌を残して秀吉と自分が長浜とともに栄えることを祈っており、この歌碑は現在も長浜市内の豊国神社の近くに建っている。

     秀吉の中国攻めに従軍した重治はここでも調略に冴えを見せたが、天正7年(1579)4月播磨三木城の攻略中に労咳を発し、6月17日に播州平井山の陣中で病没、諸将を嘆かせた。享年36歳。「楽しみも恨みもこれなく」という最期の書状の言葉に、間近に迫った死を悟り達観した重治の心情が表れている。

     「その容貌、婦人の如し」と言われ、柔和でおよそ武人らしからぬ外見だったという重治は、その外見とは裏腹に豪胆かつ知略の塊のような人物で、斎藤家時代から「今孔明」「今楠木」と呼ばれた兵法・軍略の天才であった。秀吉の寄騎時代には黒田官兵衛孝高とともに「二兵衛」と並び称せられ、秀吉の懐刀として有り余る鬼謀を存分に発揮した。

     稲葉山城の変を初めとする重治の鬼謀を伝える逸話は、枚挙に暇がない。元亀2年(1570)6月の近江攻めの際には、美濃・近江国境の長亭軒城を織田方に転向させた。続いて長比(たけくらべ)砦を陥落させ、天正6年(1578)には備前八幡山城を味方に招いて、信長に絶賛された。

     また同年黒田孝高が謀反した荒木村重の説得に向かい摂津有岡城で幽閉される事件が起きた時、信長は孝高が翻心したと誤解して孝高の息子・松寿丸(後の黒田長政)の殺害を命じたが、重治は松寿丸を菩提山城に匿った。恩義を感じた孝高は、重治の死後に家紋を竹中家のものに改めたという。重治の調略に秀でた特徴や冷静沈着な性格をよく表している。 
     
     軍師・参謀としての重治はその天賦の才の上に一層情熱を燃やし、息子・重門にも「戦の話を聴いている時には便所に行くな。その場で垂れ流せ」とまで極言したという。また馬についても「高い馬を買うと実際の戦闘の時に馬を惜しんで戦機を逃すこともあるから、適当な値段の馬を買っておけ」と訓戒した。

     黒田孝高が「秀吉様から知行を約束する文書を頂いたものの、いつまで経っても実行されない」と愚痴を漏らした時に、重治はその文書を破って燃やしてしまった。驚く孝高に対して「こんな文書があるから不満を感じるのだ。結局は貴方の為にならない」と諭したという。全ての事柄に優先するのは軍略・武功であり、その他は些細な事であるという重治の価値観がよくわかる逸話である。

     黒田孝高が戦を功を成す一手段と見ていたのに対して、重治は戦そのものを趣味としていた感がある。戦国武将でありながら領土的野心がなく、自らの出世に全く無関心だったという性格が、重治に軍略家としての凄みを与えていると言えよう。(兩者的根本不同。)

     晩年に病気となり、京都に戻って療養していた重治が死期を悟って三木の陣中に戻って死を迎えたのも、戦場で死にたいという願望によるものだった。とにかく戦いこそが彼の生き甲斐であり、人生の全てだった。 『武功夜話』によると、その人柄は「その才温雅にして慈眼あり。学才有って軍書に詳しく、泰然の構えで、常に戦場にあって冷静さを失わない」と記されている。

     


     

    一次創作歷史小説沉迷中:

    王佐之才:http://syosetu.com/

    奇本太閤記:http://musui-tozan.cocolog-nifty.com/musui/2006/02/post_c0a5_1.html

    早稻田大學藏書:[竹中半兵衛重治雑記] / 竹中半兵衛 [撰]
    タケナカ ハンベエ シゲハル ザッキ
    takenaka hanbee shigeharu zakki

    http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/ke05/ke05_01019/index.html
    請求記号:ケ05 01019
    出版書写事項:[書写年不明] 写
    形態:1冊 ; 24cm
    書名は内容による
    朱書入あり
    欠損あり 「竹中半兵衛尉重治公自筆」のはり込あり
    和装

    人物 たけなか しげはる

    半兵衛の活躍は偽書とも疑われている歴史書である『武功夜話』や、『太閤記』、子の重門が江戸時代に記した『豊鏡』などによって誇張された部分がほとんどで、江戸時代の講談など創作世界において、黒田孝高(官兵衛、如水)とともに天才軍師の人物像が創られている。『信長公記』などに記されている記事は少なく、秀吉の幕僚グループの一人であると考えられている。

    稲葉山城奪取は安藤守就との共同クーデターとして史実であると確認されているが、理由に関しては龍興に対する怨恨であるとする説や、安藤守就の失脚のためとする説などがある。『太閤記』では重治は龍興に対する諫止のために奪取を行い、信長から美濃半国と引き換えに帰服する条件を持ち掛けられるが断り、自ら城を引き渡して隠棲した話が記されている。隠棲する重治を秀吉が家臣に迎えるエピソードは『三国志演義』における劉備諸葛亮を迎える三顧の礼がモデルになっていると指摘されており(諸葛亮が重治、劉備が秀吉、関羽張飛蜂須賀正勝・前野長康に置き換えられていると言われている)、浅井氏攻め、中国攻め、長篠の戦いにおける活躍でも同様の指摘がされている。

    中国攻めの陣中で病死する際には秀吉は京で養生するように戒めたが、重治は「陣中で死ぬこそ武士の本望」と断ったとされる。

    分享到:
    Tag:战国 ACG